1人では味わう事の出来ない快感

ハニートーク専用の出会い系サイトで知り合った相手といざハニートーク・・・・・という時になって、電話をかけて
即効ハニートークを始めてもいいと勘違いしていませんか?相手もハニートークをしたくてサイトを利用してるんだと
思うかもしれませんが、それは普通のセックスに置き換えてみても同じです。

例えばホテルに入ってすぐに服を脱がせてツッコムなんて事は誰もしませんよね。そんな事をしたら相手の女性に嫌われてしまいます。
まずはシャワーを浴びて、照明を暗くして少しアルコールを飲みながら話して・・・・と徐々にこれからセックスするというムードに
もっていくのが一般的です。ハニートークの場合は、まず視覚で判断出来ないためハニートークの前に軽く自己紹介から
始めて会話をして緊張をほぐして、それから徐々にエッチな会話をしていくという感じです。

男性は即効やりたいと思っても、女性の方は性欲が男性ほど強くないため即効という気持ちにはなりにくく、徐々に気分を盛り上げる方が
きっと上手くいくでしょう。無理やり始めても相手の気持ちがついてこなければハニートークは出来ません。
1人でするのならオナニーと変わりません。相手を思いやって相手と一緒に気持ちよくなろうと努めるからこそ、
ハニートークは1人では味わう事の出来ない快感を得る事が出来るのでしょう。
ハニートークをする前に心の中で「焦らない事」と自分にいいきませましょう。

どんどんサービスは充実

ハニートークをしたいと考えている人はスカイプを準備する事をオススメします。スカイプとは専用のマイクやカメラをパソコンに設置し、
相手に電話番号を知らせる必要なくIDを入力するだけで、無料でメールのやり取りや通話をする事が出来るサービスです。
この通話料が無料になる、相手に電話番号、個人情報を知らせなくていいというところがポイントが高く、
ハニートークはスカイプで・・・・・という人が増えてきています。

またスカイプではカメラを設置し、テレビ電話も気軽に楽しむ事が出来ます。もちろん通話はかかりません。
ハニートークのデメリットは相手の顔や身体が見れない事ですから、スカイプのカメラを使えばよりハニートークが刺激的に
なるかもしれません。しかし、一方で顔や身体が見えない事をハニートークのメリットだと考えている人もいます。

女性にしてみれば、顔や身体を相手に見られる事に抵抗があるという人も少なくないでしょうから、
スカイプで音声だけにするのか、映像も送るのかは2人で相談して決めるといいでしょう。
少し前まで、ハニートークの相手を探す事すら困難な時代もあったのに、今ではネットが普及しサイトで簡単に
相手を探す事が出来ます。またスカイプで無料で通話や映像のやり取りが可能にもなりました。
どんどんサービスは充実し、便利な時代になってきています。今後もますます変化し、セックスやコミュニケーションも今とは全然違うように
なるのかもしれませんね。

ハニートークの楽しみ方

「ハニートーク」は、取り扱っているサイトによって「売り」ともいえる様々な特色を全面に押し出している所が多いです。
しかし、「ライブチャット」を扱っているサイトは大きく分けて二種類に分類されます。
その二種類とは、規則で「性的な内容」や「過激な映像」を禁止している所と、逆に「成人向け」とも呼べる「性的」で「過激」な映像の配信を「売り」にしている所です。
どんな人でも参加できる「一般向け」と、ある程度の年齢制限がある「成人向け」の違いは話し相手になってくれる女性の服装にあります。
まず、気軽に会話が楽しめる「一般向け」では、最初からサイトの規則で性的な表現や行為が禁止されています。
そのため、チャットルームで待機している女性達の映像は自宅や自室で服を着て、そのまま男性と会話する事が前提になっています。
「一般向け」で「ハニートーク」を運営しているサイトは、女性の過激な映像を「売り」にせず、男性が街中で友人と話すよう様な感覚で女性と気軽に話し、楽しんでもらう事を「売り」にしています。
そのため、「一般向け」の「ハニートーク」に参加している男性会員の多くはサイトの規約で既に「成人向け」の話題が「禁止」されているのを承知して、相手の女の子に「癒やし」や「楽しい会話」を求めてくる方が多いです。
もちろん、チャットで待機している女性達も男性に「癒やし」を提供したり、自分も「楽しい」と思える会話を望んでいる方が多いので、自然とそんな話題になることが多くなります。
一方、女の子の過激な映像や行為を配信する「成人向け」を「売り」にしているサイトでは、待機している女性達は背景こそ自室や自宅ですが、服装は露出が多い肌着や一見して透けているのが分かる格好が多いです。
更に、チャットルームに入ってきた男性が過激な話題をしても嫌な顔をせずに話し相手になってくれるのが特徴です。
しかし、そんなサイトでも守るべき規則があります。
それは、女の子への脱衣の強制です。
「成人向け」という看板で勘違いして、いきなりチャットルームに入るなり、女の子に脱衣を強制する方が居ますが、これは女の子に恐怖心を与えるだけなので絶対に止めましょう。
しかし、そのような「あからさま」な規則違反をしなければ、何度か会話をして親密になると、言い雰囲気になった際に脱衣など「過激」な映像を配信しても良いのが「成人向け」の「売り」であり、同意であれば規則違反にはなりません。
そんなサイトで待ってくれている女性の中には、自分が学生だった時に着ていた制服と同じ様な格好をしてくれる「でコスプレ」などの映像を見せている事もあるし、他にも個性的な子達がアナタを楽しませてくれる筈です。

下品なぐらい大胆にするのが効果的

ハニートークは声と音を通じて相手とセックスをします。声というのは指示をする声だったり相手の指示に対して反応する喘ぎ声だったりしますが、
それでは音とは何でしょうか?ハニートークでいう音とは擬音です。つまり、セックスを連想させる音の事です。
擬音にはいろんな音があります。
「しゃぶる音」これは相手の指やペニスをしゃぶる音の擬音です。実際に自分の指をしゃぶる事で代用出来ます。
「舐める音」はぴちゃぴちゃと音をたてると、電話口でその音を聞いている相手はまるで自分の耳を舐められているように感じるでしょう。
「吸う音」はキスをする音、指示で「○○にキスして」と場所を指定して吸う音を立てるといいでしょう。
「かき回す音」はぐちゅぐちゅと愛液をかき回す音です。セックスで感じている臨場感がでますよね。
下品なぐらい大胆にするのが効果的でしょう。

「腰を振っている音」は実際に腰を振ってみせてもそれほど音は立たないでしょうから、むしろ音を立てる事を意識して
ベッドがきしむ音をたて、腰を振っているアピールにするといいでしょう。相手の腰を振る音に連動してテンポを合わせて
するとセックスをしている一体感を味わう事が出来るかもしれないですね。

擬音は実際にその行動をして音を立てるケースと、別の何かで代用し音を立てるケースとがありますが、
大切なのはまるでその場で2人でセックスをしているような錯覚を起こさせる事が大切なので、リアルに感じる事が出来るかどうかが
重要になってきます。

自分の事だけを考えていてはダメ

ハニートークをより楽しむためには工夫も必要です。セックスに工夫?と思うかもしれませんが、恋人同士のセックスだってそうですよね。
毎回同じ事をしていたらマンネリですぐに飽きてしまうでしょう。シチュエーションを変えるとも1つの手段ですし、ハニートークだって
工夫次第で快楽は大きくなるはずです。相手と上手くいかないのは相性が悪いからだと最初から決めつけていませんか?

もちろんセックスには相性もありますが、最初から息の合わせ方とか肌の馴染み方とか、好きなセックスのやり方とか全てか一致する
相手がどれぐらいいるでしょうか?そうではなくて相性とは、回数を重ねるうちにタイミングを合わせるなどして相性をよくしていく
工夫もきっと必要なのです。

ハニートークの場合は表現力を工夫する余地があります。もちろん感じる言葉も興奮する擬音も人によって違うので
相手の事をよく知る事が大切です。例えばハニートークをする前にメールのやり取りの中でお互いにどんなセックスが好きなのか
話し合っておくのもいいかもしれませんね。そしてハニートークの最中は自分の事だけを考えていてはダメです。

あくまで1人でするオナニーなのではなく、ハニートークは2人でするセックスだという事を忘れずに
相手もちゃんと気持ちよくなれているか気遣いましょう。

Copyright© 2010 ハニートークなら可愛い子とライブチャットを楽しめる! All Rights Reserved.